FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

命あるかぎり

2016/02/29
母が乳癌検査でひっかかり

再検査になった

後日、病院にて診断結果の説明の為

親父と3人で病院へ向かった

結果

悪性癌であった

医師からは

「癌ですね悪性の」

と、簡単に告げられた

ドラマで見てたような状況とは違い

あっさり告げられた

ただ幸いな事に早期発見であり転移は無しとの

診断でした

手術は回避出来ず方法は

部分切除か全摘出の2つ

部分切除は4週間~1ヶ月ほど術後に放射線治療

が必用になり再発の可能性は

高い


全摘出は、そのままです

癌部分及び周辺を切除します

術後の放射線治療も無く再発は限り無くありません

勿論、延命を望むなら誰しもが後者です

しかし

片側の胸が無くなると言う事です

場所は違えど、片腕が無くなります

両足が無くなり歩行出来なくなります

そう告げられたら

あなたならどう受けとめますか

命が優先なのは当たり前です

しかし

自分自身の体の一部が無くなると言う

精神的な事

なられた方にしかわかりません

母は覚悟は最初から決まってる

そう言いましたが、いざとなると話は別です

バチが当たったのかな

温泉にも行けなくなっちゃうな

笑いながら呟いた姿を見て

かける言葉も無く情けない

そして

自分自身への告知でなくてもショックなものです

世の中、病気で苦しんでる方

生きたくても生きられない方

沢山います

だからこそ

強く生きてもらいたい

そう願います

comment (0) @ 喜怒哀楽
手術 | CP+最終日

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。